ダイエットは食事が9割!何を食べるかよりもバランスが大事

どうもたーです。
今回はブログの主題でもあるダイエットです。
痩せるためには食事制限が不可欠ですが、量を減らすだけでは不十分なんです。
上手に痩せるには栄養バランスを考えるのが重要なんですね。

 

広告

ダイエットの基本は食事制限しかありえない

どこそこで話題の!
あの芸能人も!
とか耳にざわりのいい言葉で簡単に痩せられますよ。
そういったダイエット方法がごろごろしていますが、大半嘘ですね。

もちろん効果としては0ではないとは思いますが、正直誤差範囲じゃないかとおもいます。

痩せようと本気で思うなら、食事はおろそかにしてはいけませんね。
しばらく昔にはバナナダイエットとか酵素ダイエットとか流行りましたよね。

置き換えダイエット系って結局のところ大半はカロリー制限で痩せてるだけだと思います。
ただ単純にカロリー制限をしたら体力も落ちますし、筋肉が落ちたら更に痩せづらい身体になってしまいます。

大事なのは食事のバランスと運動です。

広告

ダイエットメニューはPFCバランスが肝心

ダイエットメニューはバランスが大事です。
本当にしっかりやるならカロリーを考えつつ、PFCバランスも考慮することですね。

PFCとは?

プロテイン(タンパク質)
ファット(脂質)
カーボハイドレイト(炭水化物)
いわゆる三大栄養素と言われるものになります。

同じカロリーを摂取するとしても、炭水化物だけ、脂質だけ、タンパク質だけ
と偏っていると不健康ですし、痩せづらいです。

ダイエットメニューにはこのPFCバランスが重要になってくるんですね。
ざっくり説明すると
必要カロリー=タンパク質(体重×2~)+脂質(必要カロリーの20%まで)+炭水化物

基本的にタンパク質は比率として多めにとっても問題ないです。

例えば女性だとおよそ2000kcalなので

タンパク質を約150g程度(600kcal)取るとしたら脂質の摂取量は45gまでです。
そうすると炭水化物の量としては250g程度です。

個人的にはタンパク質を増やして脂質をもう少し減らすと空腹感が少ないかと思います。

朝昼晩おすすめのダイエットメニュー

基本的には取りやすいメニューで補えばいいと思います。

私の個人的なおすすめとしてはこちら


フルーツグラノーラ+豆乳or牛乳
朝食はできるだけ早めに身体にエネルギーを回したいので糖分多めでとりましょう。
タンパク質はエネルギーが回るまで時間が掛かります。

メニュー解説
牛乳を選ぶと炭水化物の量が増えるので、昼から夜にかけて調整しましょう。
個人的には濃いめの豆乳を使うとタンパク質が取りやすいのでおすすめです。
200mlほどかけると約10gほどのタンパク質が摂取できます。
無糖ヨーグルトなんかをかけてあげると腸内環境も調整できるのでおすすめです。


おにぎりorおそば+サラダチキン

メニュー解説
お弁当が作れる方はPFCバランスを考えてつくるのがベストです。
コンビニなどで済ませるなら、主食はおにぎりかお蕎麦がベターです。
おにぎりもできるなら玄米などを使っているものがおすすめです。

あとはタンパク質を補うためにコンビニサラダチキンなどがいいですね。
カロリーベースの調整であればコンビニのカニカマも個人的にはおすすめですね。


鶏むね肉をメインに副菜を何点か

メニュー解説
朝昼で炭水化物が足りていれば、炭水化物は極力摂取しないようにつくります。
もしも、夕飯で炭水化物が使えるのであれば、水晶鶏も簡単おいしいのでいいですよ。

広告

忙しい人はコンビニを上手に活用するのがおすすめ

昼の食事メニューでも説明しましたが、コンビニを上手に活用しましょう。
今どきだと、コンビニ食材だけでもダイエットメニューは作れます。

※注意
プロテイン飲料なんかもありますが、個人的には同時に炭水化物が取れすぎてしまうのでおすすめしません。

ローソンとセブンイレブン限定ですがおすすめは【したらば】ですね。
端的に言うと、カニカマです。ほぼカニのカニカマです。

糖質制限なんかだとちょっと食べづらいですが、カロリー制限だったらそれほど気にしなくても大丈夫です。

練り物系はタンパク質と炭水化物がおよそ1:1のものが多いので、コンビニおでんもなかなかおすすめです。

ダイエットメニューの簡単レシピ

ダイエットメニューは一品で栄養素一点特化がおすすめです。
料理として2:1:2とかそういった形にするのはなかなか骨が折れます。

ということで、できる限り一品づつ高タンパク+高炭水化物
脂質はできる限り削りましょう。

個人的にはおすすめのダイエットメニューでも挙げましたが、水晶鶏がおすすめです。

水晶鶏はもともと中華料理なんですが、お家でも簡単に作れておいしいのでいいですよ。

作り方としては簡単で、鶏肉を片栗粉にまぶして茹でるだけです。
もうスリーステップですよ本当に。

片栗粉をまぶすことによって鶏肉本来の味がギュッと閉じ込められるので、塩なんかで下味つけとけばそれだけでもいけちゃいます。
ただ、片栗粉は炭水化物の塊なので、日当たりの炭水化物摂取量だけは気をつけてください。

タレなんかは好みで日によって変えてもいいですね。
私としては、ポン酢豆板醤なんかがピリ辛さっぱりでおすすめですね。

ということでおすすめのダイエットメニューでした。

体重だけが全てじゃない!ダイエットとは綺麗になること

ここまでダイエットで食事の注意点を挙げてきましたが、最後に注意ですね。
痩せたいという本来の目的を思い出そうということです。

お腹が出てきたから引っ込めたいとか、くびれがほしいとかそういったビジュアルの話だと思うんです。
体重というのは結局のところ健康の目安の一つでしかなくて、数値が下がればいいものでもありません。

多少体重があったとしてもそれが筋肉であれば、引き締まったいい身体なのではないでしょうか?
ということで、食事で健康を維持しつつ、筋肉トレーニングを行いセクシーな身体を目指しましょう!

広告
良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。