ノイズキャンセリングの危険性は?むしろイヤホン難聴予防に効果的!という研究もある

広告

ノイズキャンセリングとは?(イヤホンorヘッドホン)

ノイズキャンセリングとは、
文字通り、ノイズ(騒音)をキャンセル(相殺する)というアイテムです。

イヤホン型の方が若干メジャーだとは思いますが、ヘッドホン型の商品も存在します。

 

広告

原理や仕組みはどうなってる?

簡単に説明するならば、
ノイズキャンセリングイヤホンのマイクで騒音を拾い、反対向きの音を発生させて打ち消す
というイメージです。

 

参照:ノイズキャンセリングヘッドホンとは?

こちらがわかりやすかったですね。
さすが天下のSONYさん

ちなみに私が持っているノイキャンイヤホンもSONY製です。
WF-1000XM3です。最近、新型のwf-1000xm4が出ましたね。

新型フリークの方はなかなか手に入らなくて苦戦しているようです。

耳栓代わりの利用もおすすめ

イヤホンというと音楽を聞く時しか使わないイメージですが、
ノイズキャンセリングイヤホンは騒音を防ぐ為だけにも利用することができます。

例えば、

カフェで勉強したいけど回りの音が気になるとき
家で集中したいけど回りの音が気になるとき

そんなときはノイズキャンセリング機能だけを効かせて、耳栓に変えて使うのがおすすめです。
もちろん完全に無音にはなりませんが、話しかけられたりしたらわかるのでこれはこれで便利です。

個人的には、出先(会社や学校)などでお昼寝するのに最適だな-と思います。
アイマスク&ノイズキャンセリングイヤホンで快適なお昼寝ライフが手に入りますね。

多少私物が置ける会社などであれば、キャンプ用の折りたたみマットなんかも一緒に利用することで、いつでも寝れます。
※会社に泊まるなど社畜を推奨しているわけではありません。昼寝を取り入れることで能率を上げるのが狙いです。

広告

ノイズキャンセリングイヤホンに危険性はあるのか?(本題)

いろいろと話しは脱線しましたが、ノイズキャンセリングイヤホンの危険性についてです。
端的に言ってしまえば、

ありません。むしろ健康的という話もあります。

ということです。

研究データがありました。

→ 携帯型音楽プレーヤーによる無意識下の過大音刺激による蝸牛障害危険性の定量的評価

ノイズキャンセリングイヤホン以外のイヤホンを使ったことがある方はわかると思うんですが、

周りの騒音が激しいと音量上げちゃいませんか?
ほとんどの方が意識的無意識的を問わず、音量上げてしまうと思います。

そうすると、いわゆるヘッドホン難聴(イヤホン難聴)になってしまう危険性があります。

ヘッドホン難聴(イヤホン難聴)とは?

ヘッドホン難聴(イヤホン難聴)とは
大きな音にさらされることで起こる難聴を「騒音性難聴」あるいは「音響性難聴(音響外傷)」といいます。騒音性難聴は主に、職場で工場の機械音や工事音などの騒音にさらされることで起こります。一方、音響性難聴は、爆発音あるいはコンサート・ライブ会場などの大音響などにさらされるほか、ヘッドホンやイヤホンで大きな音を聞き続けることによって起こります。後者は「ヘッドホン難聴」あるいは「イヤホン難聴」と呼ばれ、近年、特に問題視されています。

引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

調べてみたら、難聴も度を超えると治らないようですね。
重症化する前に、予防策を講じておきましょう。

ヘッドホン難聴の予防

WHOでは、ヘッドホンやイヤホンで音楽などを聞くときには、耳の健康を守るために、以下のようなことを推奨しています。[3]

音量を下げたり、連続して聞かずに休憩を挟んだりする
使用を1日1時間未満に制限する
周囲の騒音を低減する「ノイズキャンセリング機能」のついたヘッドホン・イヤホンを選ぶ

引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

ということでした。
WHOからも推奨されるノイズキャンセリングイヤホンで耳を労りましょう。

 

ノイズキャンセリングイヤホンの安いのはどれ?

性能と価格の両面(コスパ)を考えましょう。
そこで個人的におすすめしたいのが、WF-1000XM3です。

どうしてこちらがおすすめかといえば、
新型のノイズキャンセリングイヤホンWF-1000XM4が発売されたことで新古品or中古品が大量に流れているからです。

およそ新品価格の半額程度まで値段が落ちています。
かと言ってそんなにすぐ壊れるかといえば、そんなことはなかろうとも思います。

もちろん中古品を購入する場合は、販売者によって状態は千差万別なので注意が必要です。
できるだけ安く購入するならAmazonなど通販サイトよりも、メルカリ、ヤフオクなど個人売買がおすすめになります。

かくいう私もメルカリで初めてノイズキャンセリングを購入しました。
本当に世界が変わりますね。

デスクワークの方ならノイズキャンセリングと環境音(水音や雨音)なんかの組み合わせは本当に捗ると思います。
まだ買ったことないんだよなーという方はぜひWF-1000XM3が投げ売りされている今がおすすめです。

 

まとめ

ノイズキャンセリングイヤホンとは?
→ ノイズ(騒音)をキャンセル(相殺)するイヤホンです。

仕組みはどうなってる?
→ 音の波に、逆位相の波を当てて音を打ち消します。

上記の仕組みから、耳栓代わりに利用するのもおすすめです。
騒音が激減するので、お昼寝も捗りますよ。

ノイズキャンセリングイヤホンの危険性ってある?
→ ありません。むしろヘッドホン難聴などの危険性を考えるとノイズキャンセリングの方がベターです。

ヘッドホン難聴とは?
→ ヘッドホンやイヤホンなどで大音量で音楽を聞き続けることで、陥る難聴。
度をすぎると治療が効かない場合も

詳細はこちら
引用:e-ヘルスネット(厚生労働省)

 

いやーノイズキャンセリングイヤホン初めて買ってみましたが、めちゃめちゃいいですね。
これがアンダー1万円で購入できるのは本当にいい時代です。

まだ利用したことが無い方は、このタイミングで試してみるのもおすすめします。

広告
良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。