ドラマ欲求(フォーカス)とは?特徴や診断テストもあわせて

広告

ドラマ欲求(フォーカス)とは?

ドラマ欲求orドラマフォーカス(Need for Drama: NFD)とは、

人生を劇的にドラマにしたいというような欲求です。
自分の人生をドラマ的に劇的にするためには、
他人を操作することもいとわず、衝動的な発言が多く、被害者意識が強い。

などなど様々な特徴があります。

調べようと思ったきっかけは、メンタリストDaiGoさんのYouTubeチャンネルを聞き流していたときです。

「これ知ってる人まんまだ!」と
もしかするとあなたの知り合いにもいるかも知れませんね。

論文?がありました。無料で購読できるようです。
→ Developing and Testing a Scale to Measure Need for Drama

広告

あなたの身近にも?

ドラマフォーカスの人は少なくないのではないでしょうか。
私の身近にも一人います。

私は長らく見てきて、「ただただ被害者意識が強いなぁ」と思っていたんですが、
そういった人格特性があるということで得心いきました。

もしもあなたの身近にもそういった人がいれば、出来る限り関わらないことがおすすめです。
相手の特性が変えられるほどのパワー(ここでは精神力)があればいいですが、基本的にはデメリットしかありません。

無理に関わるよりも切れる相手なら関係を切っていくのがベターです。

ドラマフォーカスの特徴

ドラマフォーカスの大きな特徴は、下記になります。

対人関係の操作

相手を自分の都合のいいように動かすことを好みます。
手段を問わず、脅し宥めすかし、泣き落としなどなど有効だと思えば何でも利用して相手を操作しようとします。

 

衝動的な発言

衝動的な発言が多いのもドラマフォーカスの特徴です。
私の知っている人間は、引くほどの罵詈雑言を飛ばしてきます。

一般的な方であれば、間柄を問わず言ってはいけないラインを把握していますよね。
メールでもラインでも書いていって送る前に頭が冷えますよね。

『これは送ったらやばいなぁ』

ドラマフォーカスの人間はそれらを容易に飛び越えてきます。
言ってもいいライン言ってはいけないラインの判断がつかないのが特徴のひとつですね。

被害者意識

ドラマフォーカスの人間は、とても被害者意識が強いです。
悲劇のヒロイン症候群とでも評したらいいのか、

「俺は、私はこんなに頑張っているのに誰も認めてくれない。
あーなんて可愛そうな俺、私」

というようなイメージです。
どうですか自分、知り合いなど心当たりのある人間が一人くらいは浮かぶんじゃないでしょうか。

上記の、対人関係の操作、衝動的な発言、被害者意識が合わさりドラマフォーカスと呼ばれます。

特徴を見ていただければわかると思いますが、人とうまくやることは出来ない人種です。
私が知っている人間もやはり孤立しています。

 

広告

ドラマフォーカスの診断テストはある?

ドラマフォーカスの診断方法を探してみたんですが、見つかりませんでした。
noteにそれらしいものがあったはあったんですが、作者の経歴が医療関係者じゃなかったので信憑性がありません。

出典元が記載されてもいないので、医療機関の診断方法でもないように思いました。
インフルエンサーであるDaiGoさんのホームページでもなかったので、

簡単にドラマフォーカステスト!

といったような診断方法はないように思います。

自分自身が気になる場合は精神科にかかってみても良いかもしれません。

探していたら見つかりました。
心理学者考案のテストらしいです。英語の物しか見つからなかったので翻訳して紹介します。

1. Sometimes it’s fun to get people riled up
2. Sometimes I say something bad about someone with the hope that they find out what I sa
3. I say or do things just to see how others react.
4. Sometimes I play people against each other to get what I want. 5. I wait before speaking my mind (R).
6. I always speak my mind but pay for it later.
7. It’s hard for me to hold my opinion back.
8. People who act like my friends have stabbed me in the back.
9. People often talk about me behind my back.
10. I often wonder why such crazy things happen to me.
11. I feel like there are people in my life who are out to get me,
12. A lot of people have wronged me.

Fig. 1. Finalized Need for Drama Scale. Note. Items are scored on a 1-7 point scale (Strongly Disagree to Strongly Agree). Item five is reverse scored. Items 1-4 load onto the Interpersonal manipulation latent factor, items 5-7 load onto the impulsive outspokenness latent factor, and items 8-12 load onto the persistent perceived victimhood latent factor. The factors are intercorrelated and load onto the higher order Need for Drama latent factor. In all studies, item order was randomized.

1. 人を怒らせるのが楽しいこともある
2. 時には人の悪口を言って、その人が私の言ったことを知ってくれることを期待している。
3. 他の人の反応を見るために、何かを言ったり、やったりする。
4. 自分の欲しいものを手に入れるために、人と人とを戦わせることがある。
5. 私は、自分の考えを話す前に待つ(R)。
6. 私はいつも自分の考えを話すが、後でそれを償う。
7. 私は自分の意見を抑えるのが難しい。
8. 友達のように振る舞う人は、私を後ろから刺した。
9. 人はよく私の陰口を言う。
10. どうしてこんなおかしなことが私に起こるのかとよく思う。
11. 自分を狙っている人がいるような気がする。
12. 多くの人が私を不当に扱っている。

図1. 最終的に完成したドラマスケールの必要性 注 項目は、1~7点のスケール(強く反対~強く賛成)で採点。項目5は逆に採点されている。項目1~4は対人操作の潜在的因子に、項目5~7は衝動的な率直さの潜在的因子に、項目8~12は被害者意識の持続的潜在的因子にそれぞれ負荷をかけている。これらの因子は相互に関連しており、より高次の「ドラマのための必要性」潜在因子にロードされる。すべての研究において、項目の順序は無作為に決定された。

引用:Psychologists Have Come Up With an Official Test to Measure Your Need For Drama

問5のみ反対向きになるようですね。
基本的には当てはまるものが多いほど、ドラマ欲求ということになるようです。

まとめ

ドラマ欲求とは?
→ 人生をドラマチックに演出したい欲求。ドラマフォーカスとも言います。

ドラマフォーカスの特徴は?
→ 対人関係の操作、衝動的な発言、被害者意識などの特徴を持ちます。

簡単な診断テストはある?
→ 調べてみたが見つけられませんでした。

生きてるとこういった人と関わることもありますが、極力早めに離れることをおすすめします。
ドラマ欲求で生きている人とは普通の関係を築くことが難しいです。

次に出会う人を大事にしたほうが建設的ですね。

気になる方は、原典であるテキサス大学の論文を当たってみても良いかもしれません。
一般人だと40米ドルくらいで購入できるようです。

参考文献
Developing and Testing a Scale to Measure Need for Drama(ドラマの必要性を測る尺度の開発と検証)

広告

 

 

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。