はたらく細胞ブラック(BLACK)の声優はだれ?アニメは2021年1月放送予定

広告

はたらく細胞ブラックの声優(キャスト)

はたらく細胞ブラックのアニメ化が決まっていますね。
正直言って、アニメを他人事として見られる人がどれだけいることか。。。

現時点で決まっているキャスト(声優)さんは三人だけになっています。
主人公である赤血球とメインヒロインの白血球さん、ナレーションです。
配役は下記になります。

赤血球
榎木淳弥

白血球(好中球)
日笠陽子

ナレーション
津田健次郎

榎木淳弥さんは、
八男って、それはないでしょう!:ヴェンデリン・フォン・ベンノ・バウマイスター
呪術廻戦:虎杖悠仁

と主人公も多数演じられています。
ありふれた職業で世界最強では裏主人公とも呼ばれるアビスゲート卿なるキャラクターやっていますね。

アニメ以外ではスパイダーマンホームカミングにて主人公であるトム・ホランドの吹替版を担当していますね。

日笠陽子さんといえば、
けいおん!の秋山澪が一番有名なキャラクターではないでしょうか。
私が学生時代には、猫も杓子も、ヲタも非ヲタもみんな視聴していましたね。

どちらかと言えばかわいい女子高生というよりは、綺麗なお姉さん役の方が多いですね。
個人的には亜人ちゃんは語りたいの佐藤早紀江先生とか好きでしたね。

津田健次郎さんは、
朝ドラのエールのナレーションが有名かも知れません。
最近既婚子持ちであることを公表されて話題になりましたね。

出演作品としては、遊戯王の海馬がもっとも有名なキャラクターですね。
どちらかと言えば、主人公ポジションよりはカッコいいサブキャラを演じられていることが多いですね。

極主夫道の実写化CMが話題になったこともあります。

 

あの顔にあの声が付いてるのは反則級ですよね。

 

広告

はたらく細胞ブラックとは?

はたらく細胞ブラックとは、はたらく細胞のスピンオフ作品です。
ただ、本家作品とは違い、ブラックの名前通りに労働環境がブラックな肉体を描いています。

過度なストレス、暴飲暴食や疲労などによって疲弊しきったブラック企業で働いている男性の肉体が細胞たちの職場になります。

はたらく細胞ブラックを笑いながら見れるのは十代~二十代前半の健康優良児くらいじゃないでしょうか。
いやぁ~ある程度の年齢だとちょっと身につまされる話が多すぎて辛くなりますね。

2021年1月にはアニメ化も決定!

もともとはスピンオフ漫画として始まったはたらく細胞ブラックですが、
2021年1月にはアニメ化が決定しました。

現時点で出ている情報は、スタッフと一部キャストだけですね。

【スタッフ】
原作:原田重光
漫画:初嘉屋一生
監修:清水茜(「はたらく細胞」)(講談社「モーニング」連載)
監督:山本秀世
シリーズ構成:森ハヤシ
キャラクターデザイン:安彦英二
音楽:菅野祐悟
アニメーション制作:ライデンフィルム

引用元:公式サイト

広告

漫画でも人気なのは白血球さん

はたらく細胞にしては珍しくスタイル抜群の白血球さんは人気キャラクターですね。
片目隠し、巨乳、無表情系ヒロインは属性詰め込みすぎぃ!感がありますね。

作業着からこぼれそうな胸は思わず目を引きますね。

とはいえ作品的にはあまりお色気があっても仕方ないところもありますね。
実際私も既刊は全巻読みましたが、かわいいかわいいと思って読んでたのは1巻か2巻くらいまででしたね。

 

はたらく細胞ブラックを無料で見る&読むなら?

はたらく細胞ブラックのアニメ配信先はまだ決まっていません。
作品的には独占配信ということはないでしょうから有名な配信サイトでは動画配信されるでしょう。

漫画を読むなら無料期間で読むだけなら下記がお得です。

 

期間内にもらえるポイントだけで読むならmusic.jpがおすすめです。

30日間の間に解約すれば料金はかかりませんからとりあえずのお試しもありです。

初期にもらえるポイントで2巻とちょっと無料で読めます。

 

music.jpのお試しはこちら

広告

 

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。