自転車保険の義務化の波が愛知県にも│罰則はどうなっている?

広告

愛知県の自転車保険義務化における罰則はどうなっている?

愛知県では都市条例によって、現在知多市、名古屋市、大府市、長久手市、豊川市、東海市、豊橋市、豊山町
以上で自転車保険の加入義務が課せられています。加入義務と言っても義務であったり努力義務であったりと様々です。

とはいっても加入義務と言っても加入しなかったからといって特に大きな罰則はありません。
罰則規定がない条例というのもどうなんだろうと思いますね。

ただ罰則がなくても、きちんとした会社に勤めている方などは保険加入していないと通勤で利用することができないこともあります。
この辺りは自動車保険に近いところがありますね。私も会社には任意保険の保険証のコピーを提出しています。

そもそもどうして自転車保険が義務化されたかといえば事故で高額な賠償をしなければいけないケースが多いからです。

広告

自転車保険義務化はいつから始まった?│現在条例で義務化されている都道府県

自転車保険の義務化が始まったのは2015年10月から兵庫県で始まりました。
それから2016年には滋賀県大阪府などの都道府県が 義務化をしています。
2017年には京都府名古屋市が義務化を開始しています。2018年には金沢市埼玉県ですね。
そして去年2019年は静岡県仙台市長野県神奈川県で自転車保険の義務化が開始されました。

都道府県単位で始まっているところもあれば市区町村単位で始まっているとこもあって不思議ですね。

ざっくり見ているだけでもおよそ半分の都道府県で義務化が進められていますので、日本全国で義務化されるのもそう遠くないでしょう。

もしも自分が住んでいる都道府県市区町村で自転車保険の義務化が行われていなくても自転車保険には加入した方がいいです。
最近ではあまりニュースでも見ませんが、しばらく前には高校生が自転車でおばあさんをはねて賠償金が数千万何ていう話もありましたね。

そういった加害に対する保証はもちろんですが、どちらかといえば本人への保証も肝心です。

年間保険料はたった3000円ほどちゃんと入ろう│本人の怪我も保証されるから安心

自転車保険は色々な会社さんから出ていますが、安いものからでは年間3000円から4000円程で加入できます。
いざという時の保証も被害者に対する治療費はもちろん、本人の治療にも日当たり数千円出るものもあります。

対人に対する補償は1億円程度あるのでよっぽど問題ないでしょう。

今時はコンビニエンスストアで保険を購入することもできますが、個人的には通販型自転車保険の方がいいと思います。

私も加入しているんですが、クレジットカードで支払いをすると毎年自動更新してくれます。
保険の類は更新を忘れると大変な目にあうのでこれはメリットかなと思います。

保険というはもしもという時の備なので普段は必要ないと思ってしまいがちですよね。
でも交通事故というのは誰にでも起こりうる身近なことなんです。

自転車事故と言うと未成年の起こすイメージが強いですが、実際にはそれほど年代によって差はありません。
割合で言ったらせいぜい1割程度多いほどです。

ちなみに私が加入している楽天損保サイクルアシストでは死亡後遺障害であれば250万円入院保険は2500円賠償責任は1億円でます。

広告

まとめ

東京都奈良県愛媛県では2020年の4月から自転車保険義務化になりました。
これから自転車保険の義務化は全国で進んでいくと思います。

ご自身の自治体で義務化になる前に加入することをお勧めします。
後悔先に立たず誰か怪我させてからでは遅いですからね。

自転車保険はいろんな会社で出ているのでご自身の都合のいい会社さんを選ぶといいです。

私であれば楽天カードのヘビーユーザーなので楽天保険にしました。
auやドコモでも販売しているのでキャリア支払いなどでできると楽ができますね。

広告
良かったらシェアしてくださいね!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。