楽天モバイルとahamoとSoftBankonLINEを一般ユーザーが選ぶならどれがおすすめ?

広告

プラン比較

楽天モバイル ahamo SoftBank on LINE(仮)
料金 2980円(1年無料キャンペーン有) 2980円 2980円
容量 無制限(エリア外5GB) 20GB 20GB
容量超過後 送受信時最大1Mbps 送受信時最大1Mbps 送受信時最大1Mbps
通話 アプリ利用で無料 5分以内国内通話無料 5分以内国内通話無料(オプション追加で無制限有)
SMS アプリ利用で無料 1通あたり3円 未定
店舗 有り 無し(オンラインで手続き) 無し(LINEで手続き)
eSim 対応 未定 予定有

ざっくりと気になるポイントを抜き出してみました。
料金自体は3社横並びです。どこで契約してもそれほど支払金額は変わりません。

通信容量は条件付き楽天モバイルの圧勝です。
エリア外では5GBとヘビーユーザーには足りない容量設定になっています。
とは言っても、そもそも楽天モバイルを契約する方はエリア内の方が多いと思うのでそれほどデメリットにはならないように思います。

容量超過後は各社同じになっています。※楽天モバイルはエリア内は無制限

通話料は楽天モバイルは条件付き無料
ahamoとソフトバンクの新プランでは5分無料になっています。

SMS利用料金は一通3円かかります。
おそらくはソフトバンクも同じになるんではないでしょうか。

個人的には店舗の有無は大きいと思います。
楽天モバイルは各所設けていますが、ドコモとソフトバンクはオンライン限定です。

そういった意味では初心者が導入しやすいのは楽天モバイルではないでしょうか。

現時点では対応端末が少ないですが、eSimも考慮する大きなポイントです。
eSimであれば、通信会社の乗換におけるsimカードのやり取りがないのでハードルが下がります。

おそらく通信会社の顧客争奪戦はこれから激化の一途をたどるんじゃないでしょうか。
ユーザーとしてはありがたい限りです。

 

楽天モバイル以外はまだサービス開始前ということもあり、比較できるのは料金プランだけになります。
出ている情報としては上記程度の情報しか出回っていません。

他に特記することとしては、ahamoは事前登録キャンペーンでdポイントのキャッシュバックキャンペーンを行っています。



広告

個人的な負けないと思う回線移行パターン

  • 基本的に端末をキャリアで買わない。
    →iPhoneならアップルストアで、他の端末なら各ストアで購入する
    ※eSim対応端末がおすすめ

上記のデメリットとしては、端末の一括払い費用が高額になる点です。
いわゆるハイエンドモデルであれば、十万代前半~中半くらいにはなってしまいます。
一括で払うのが難しいこともあるかもしれません。

  • 楽天モバイルで契約する。
    理由としては、現状1年間無料であることが挙げられます。
    無料期間内で解約しても一切罰則がありません。

まずは楽天モバイルでスマホ代を無料にしつつ、ドコモ(ahamo)やソフトバンク(SoftBank on LINE)の格安回線の状況を見るのが賢いです。
ドコモとソフトバンクが出してきましたから、auからも遅くないうちに対抗プランが出てくると思われます。

ちなみに、通話音質などはどうしても大手キャリアと比較すると、良くないと言われます。
楽天モバイルに関しては私もユーザーですが、正直言って、通話をしないのでわかりません。

現時点で容量をそれほど使わないライトユーザーならキャリアから楽天モバイルに切り替えても、それほど不満を感じることは少ないと思います。
ただ、ドコモなどのキャリアで、バリバリに使うヘビーユーザーだと回線速度などは不満が出るかもしれません。

  • 1年後状況をみて乗り換える
    昨今の状況から見ても、通信料金は間違いなく競争激化します。
    もしかしたら、月々10GB通話5分無料で2000円を切るくらいのプランが出てくるかもしれません。

来年のことは現時点では一切予想がつきません。
だからここは無料(楽天モバイル1年)で耐えつつ、1年後に最適なプランを選び直すのが最適解ではないでしょうか。

 

 

3行まとめ

楽天モバイルとahamoとソフトバンクならとりあえず楽天モバイルを選ぶ
楽天モバイル(1年無料)で様子見をしつつ最適プランを考える
そのまま楽天モバイルを使うもよし、ahamoやソフトバンク、au(出る?)に乗り換えるのを選ぶ

以上

 

楽天モバイルのセール情報

広告
良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。