利き目の調べ方│正確に調べるにはどうする?ゴルフや野球などスポーツでは超重要!らしい

 

広告

利き目の調べ方│正確に調べるには?

利き目の調べ方は、

両手で筒を作り、
その筒から目標物を見て、
片目づつ閉じてズレないほうが利き目だそうです。

目標物が遠いほうがズレが大きく出るので、数メートル離れたものを目標物にするのがおすすめです。

他にも、普段スマホが寄る方が利き目という話もあります。

画像付きのわかりやすい方法はこちら
→ アキュビュー 利き目ってどういうこと? どうやって決まるの?

ちなみに私自身は利き目は左でした。
意外と少ないみたいですね。

 

広告

ゴルフや野球などスポーツでは重要らしい

残念ながら陰キャな私自身は、ゴルフも野球もしないので、らしいとしか言えないんですが重要なようです。
ゴルフの場合では、

右打ちで利き目が右目の場合、無意識にボールを右目で見ようとするため、クラブを構えた際にあごが左に傾き、身体が開きやすくなるといわれています。そのため、スイングがアウトサイドインになりやすく、ボールがスライスしてしまう可能性が高くなります。利き目をつむって、意識的に利き目とは逆の目を使ってスイングの練習をすることも効果的です。

引用:じゃらんゴルフ

という話でした。
とすると、ゴルフの場合では利き目と利き手は逆の方がいいような気もしますね。

例:利き目左、利き手右

野球と利き目の関係で調べてみたところ、スポニチの記事がヒットしました。

好打者に利き目はどっちか聞いてみると意外な結果が…

記事をざっくりまとめると、利き目と利き手というよりは左目が利き目の打者に好打者が多い
というようなまとめ方でした。

学術的な話ではないので、話半分に読んだほうが良さそうですね。

 

利き目が左だと利き手も左?

利き目と利き手は基本的には同じそうです。
そのため、利き目が左であれば、利き手も左の方が多いということでした。

ただ、日本人の7割ほどは利き目も利き手も右ということです。
利き目と利き手が逆になる人はとても少ないということでした。

 

広告

利き目を変える方法はある?

利き目と利き手が逆だとスポーツでは有利というようなこともあるので、
変えれるの?と思いますよね。

調べてみたところ、

訓練次第で変えられる

変えることは難しい

と2つの意見がありました。

訓練次第で、というのは眼帯をつけて逆目を鍛えるというような方法です。
やっていないので、効果はなんとも言えないですね。

スポーツによっては利き目が不利になるのでわからなくもないですね。
※弓道などは左利きが有利という話もあるようです。

 

視力低下は利き目のほうが起きやすい

これは利き手、利き足などで考えるとわかりやすいですね。
手でも足でも得意な方が運動量が多いですよね。

利き目も同じで無意識的に利き目を酷使します。
そうすると、当然ですが視力低下を招きます。

視力低下が気になる場合は、意識的に利き目を閉じて休ませてあげてもいいかも知れません。

PC作業などは特に目への負担が大きいですから、定期的に休ませてあげるのが重要です。
アイケアグッズ(温める)などを常備しておきたいですね。

 

 

まとめ

正確な利き目の調べ方は?
→ 画像付きのわかりやすい方法はこちら
アキュビュー 利き目ってどういうこと? どうやって決まるの?

利き目は変えることができる?
→ 難しいらしい。訓練次第で可能という話もあるようです。

視力低下は利き目のほうが起きやすいので注意が必要です。

調べてみて思いましたが、たしかに利き目の視力は落ち幅が大きいとおもいました。
ちょっと休ませてあげようと思います。

広告

 

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。