メンズもスキンケアをする時代!肌のきれいな男子はモテるらしい

どうもたーです。

今回は近年では当然とも言える男性のスキンケアについてです。
私もお風呂上がりの保湿は気をつけています。

 

広告

男性は肌が丈夫だと思っていませんか?それは間違いなんです

世の男性が勘違いしていることの一つが【野郎の肌は頑丈】ということです。
確かに女性に比べると男性の肌は厚みがあります。

ただ、それが丈夫であるというのはまた別の問題なんですね。
肌というのは厚みが増せば増すほど硬くガサつくそうです。

確かに赤ちゃんのほっぺたなんかは本当に皮膚が薄いのでもちもちで柔らかいですよね。

特に男性は女性に比べると肌の水分含有量が少ないそうです。
残念なことに分厚くて水分不足でガサつきやすいというのが男の子ということですね。

皮脂の分泌量にも大きく違いがあります。

男性は女性に比べて、数倍も皮脂が分泌されます。
顔のベタつきなんかは特徴的ですね。

 

広告

肌のタイプによってスキンケアも変わる

人によって肌タイプって全然違いますよね。
脂性の人、乾燥肌でカッサカサになってしまう人。

どう考えても、スキンケアの方法が違いますよね。
例えば脂性肌の人だと洗顔料はさっぱりした洗い上がりのものを好むでしょうし、
乾燥肌の人だとうるおいが残るタイプの洗顔料を好むことが多いです。

間違ったスキンケアをすることで、肌の状態が悪化してしまうこともあるんです。
たとえば、脂性肌の人で多いのが寒い時期に、熱いお湯で洗顔してしまうことです。

熱いお湯を浴びて、皮脂がなくなった肌はすぐにもとの状態に戻そうといつも以上に皮脂分泌を頑張ってしまいます。
結果いつも以上にベタつくことに……

乾燥肌の人というのは、保湿ができていないか、していても肌に合っていないのかもしれません。
合っていないからダメージが蓄積して、ますます乾燥肌になってしまう悪循環ですね。

他にも、どちらの特徴も出てしまう混合肌の方もいますね。
メリットが一つもなくて、憎らしい話です。

スキンケアの基本は肌質によらず、清潔にして保湿をしっかりすること、紫外線を浴びないことです。
具体的いえば、お風呂上がりにはきちんと保湿をして、日に当たるときにはUVカットを徹底することです。

 

 

正しい順番のスキンケアでニキビを予防しよう

脂性肌や混合肌だと、調子の悪いときにはどうしても吹き出物やニキビが出てきますよね。
正しいスキンケアを行うことで、出てくることを減らすことができます。

そもそもニキビというのは、顔の常在菌であるアクネ菌が悪さをすることによって起こります。
肌が硬くガサついていると、毛穴が詰まりやすくニキビになりやすいそうです。

ニキビのときに注意しなくてはいけないのが、洗浄力の強すぎる洗顔料を使わないことです。
乾燥してしまい、更に肌が硬くカサついてしまいます。

適度な洗浄力の洗顔料を選びましょう。
あとはしっかりと泡立ててから使うのも肝心です。

素手で泡立てるのは結構手間なので、泡で出てくるものか、泡立てネットを購入することをおすすめします。

 

広告

細かいスキンケアが面倒くさいならオールインワンジェルがおすすめ

洗顔後のスキンケアは一番大事です。
ここをおろそかにしていては話になりません。

ただ、正直面倒くさいですよね。
そこでオールインワンの化粧品がおすすめなんです。

いわゆるオールインワンジェルですね。
薬局なんかだと女性向けの商品でよく見かけますよね。

化粧水と美容液、乳液が一回で済ませられる便利アイテムですね。
洗顔後やお風呂上がりにこれを塗るだけで面倒なスキンケアを一括で出来るんですよね。

面倒くさがりな人こそ使うべきアイテムですね。

 

 

男女問わずスキンケアの基本はUVカットと保湿

スキンケアのベースとなるのは、保湿とUVカットであるという話ですね。
基本的に肌が荒れたりするのは、刺激に耐えきれなくてガサついたりするわけです。

じゃあどうすればいいかといえば、肌を柔らかく保っておけば、刺激に対しての抵抗も少ないわけですね。
どういったものが刺激となるかと言えば、温度湿度の変化、ほこりや花粉、汗なども刺激になります。

肌の状態というのは一回悪化するとなかなか戻りません。
手荒れなんかもクリーム塗ってなんとかなるのは初期ぐらいで荒れきってからだと凄く時間がかかりますよね。

ということで、肌は荒れる前、荒れはじめが肝心ということです。

紫外線も肌への刺激は大きいので注意が必要です。
肌のダメージを考えれば、出かける前の日焼け止めは必須です。

 

 

肌が綺麗だと若く見られやすいなんていうことも!

実際男子が美肌なことにどれだけメリットがあるかと言えば、正直わかりません。
ただ、今どき男子だとスキンケアなんかは当然していますし、同じ土俵で戦うならそこは最低ラインじゃないでしょうか。

20代くらいだとそれほど違いは出ないかもしれませんが、年齢を重ねていったときに老け方には大きく違いが出ると思います。
30代半ばくらいで、20代後半くらいで通るか、40代に見られるかって結構大きくないですか?

今日明日のためというよりは、5年~10年くらい先のために肌の手入れはするべきじゃないかと思います。

 

スキンケアでモテるかどうかは……知りません。
ということで!

広告
良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。