マイナポイントは楽天カード×楽天ペイがおすすめ!マイナンバーカードなど手続きはお早めに

広告

マイナポイントとは?

マイナポイントとは、2020年9月~から始まるマイナンバーカードと連結したポイント還元サービスです。
決済方法をひとつ選ぶことで還元されるポイントが決まります。

マイナポイントを利用するにはマイナンバーカードが必要なので時間が取れるうちに作っておきましょう。

※ポイント還元は20,000円の25%である5000円分が上限になります。
現状の情報では月々ではなくトータルと見受けられるのでそれほど金額的にはそれほどでもありません。

とはいえとはいえ、一人頭5,000円というのも決して少ない金額ではありません。
4人家族なら20,000円相当ですから結構な金額ですよね。

動画はこちらがわかりやすかったです。

 

広告

楽天カード×楽天ペイがおすすめな理由!

どうして楽天カード×楽天ペイがおすすめかといえば、還元率がちょっぴり多いからです。

引用元:https://pay.rakuten.co.jp/campaign/2020/mynumberpoint_detail/

とは言ってもこれはマイナポイントに限ったことではなくて、
楽天カードと楽天ペイの組み合わせが還元率がいいということです。

ただ、1.5%の還元率にするためには、楽天カード(クレジットカード)で楽天キャッシュにチャージが必要です。
これはちょっとだけ面倒ですね。個人的にはやること変わらないのだから楽天ペイ楽天カード引き落としでも1.5%でもいいように思います。

一応他のQR決済でも1.5%~の還元率にすることは可能です。
代表的なのは下記ですね。

1. PayPay
2. LINE Pay
3. 楽天ペイ
4. d払い
5. メルペイ
6. au PAY

PayPayは当初の還元率が嘘のように条件が厳しくなっています。
残高もしくはYahoo! JAPANカードの利用が前提で、前月の利用50回以上、利用金額が10万円以上で1.5%の還元になります。

LINE Payは過去6ヶ月間の累計ポイントで還元率が変わります。
ベースが0.5%~最大3%の還元率になっています。条件を満たす場合はLINE Payも選択肢としてありですね。

楽天ペイは条件が比較的簡単です。
楽天カードを利用して楽天ペイにキャッシュをチャージすることで1.5%の還元になります。

d払いは基本の還元率が0.5%~1%です。
ただし、店舗やキャンペーンなどで還元率が大きく増えるのでドコモユーザーなら悪くありません。
dカードとの組み合わせで2%還元率になることも

メルペイはメルペイ自体のポイント還元はありません。
ポイント還元目的であれば、使う理由はそれほどないですね。

au PAYは基本還元率は0.5%です。
Pontaカードを提示することで、還元率は1%~1.5%まで伸びます。
還元率自体は悪くありません。

表にするとこんな感じですね。

決済方法 基本還元率 最大還元率
1. PayPay 0.5 1.5
2. LINE Pay 0.5 3
3. 楽天ペイ 1 1.5
4. d払い 0.5 2
5. メルペイ 0 0
6. au PAY 0.5

 

こうして見るとLINE Payかd払いのほうが良さそうに見えますよね。
どうして楽天をおすすめするかといえば、ポイントの使い勝手の良さです。
料金の支払い時にポイントをあてることができるので、使えないということがありません。

それ以外にも他の決済方法に比べて、手順が簡単だというのもあります。

①楽天ペイと楽天カードを紐付ける

②楽天カードで楽天キャッシュをチャージする

③楽天ペイ利用時にポイントキャッシュ利用を優先にする

以上です。これで1.5%もらえるのは大きいと思いませんか?
もしも楽天カードを持っていない方は先に作っておくことをおすすめします。

>>>5000ポイントプレゼント中~楽天カード~

キャンペーンエントリーでポイントも当たる!※最大200ポイント

子供も対象範囲!ただしマイナンバーカードの取得はちょっと大変

マイナンバーカードの申請自体は簡単です。
スマートフォンでの申請手続きが楽だと思います。

交付申請の詳細はこちら
マイナンバーカード総合サイト 交付申請

※自宅などで証明写真を撮る場合は背後に影がうつらないようにしましょう。
壁面から50センチほど離れると、影ができません。

申請自体は簡単なんですが、受け取りが大変です。
まず15歳未満の子供は付添が必須になります。

必要書類は代理人交付と同じようです。
必要なものは下図を参照ください。

本人確認書類は下図参照

引用元:マイナンバーカード総合サイト マイナンバーカード交付の手順

本籍地と在住地が区域内であれば、戸籍謄本は要らないようです。
それ以外の方は戸籍謄本が必要ということですね。

本籍地が遠方の方は郵送でも一週間くらいはかかるので早めに取り寄せておきましょう。

広告

対応クレジットカードはこちら

マイナポイントに対応しているクレジットカードと付与ポイントの一覧です。

引用元:マイナポイント事業のホームページ

登録サービス名 付与されるポイント名
au PAY カード au PAY 残高
楽天カード 楽天ポイント
三井住友カード Vポイント Vポイント
オリコカード オリコポイント オリコポイント
東急カード 東急ポイント
三重銀カードワールドプレゼント ワールドプレゼント
横浜バンクカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
京葉銀カードワールドプレゼント ワールドプレゼント
東邦VISAカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
いわぎんVISAカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
りそなカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
九州カードワールドプレゼント ワールドプレゼント
三井住友トラストカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
ごうぎんVISAカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
〈荘銀〉ブライトワンワールドプレゼント ワールドプレゼント
スルガカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
やまぎんカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
ワールドプレゼント ワールドプレゼント
OnlyOneVISAカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
九州しんきんカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
ワールドプレゼント ワールドプレゼント
エポスカード(エポスポイント) エポスポイント
東邦Alwaysカードワールドプレゼント ワールドプレゼント
おきぎんVISAカード ワールドプレゼント
青森銀行VISAカード<aomo>ワールドプレゼント ワールドプレゼント
たんぎんバンクカードVisaワールドプレゼント ワールドプレゼント
イオンカード×WAON WAON
エポスカード(ゴールド・プラチナカード) エポスポイント(ゴールド・プラチナカード)
dカード dポイント
JP BANK カード JPバンクカードポイント

まとめ

マイナポイントなら楽天カード×楽天ペイが手続きが楽でおすすめ!
マイナンバーカードの交付に付随する作業は結構多い

家族の人数が多いとお得感が強め(人数×5000円分)

マイナポイント自体の還元率は固定なので使いやすいポイントで貯めるのがおすすめ

楽天カードを作ると、初回5000ポイント(約5000円分)もらえるのでまだの方は作るのがおすすめです。
>>>5000ポイントプレゼント中~楽天カード~

広告
良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。