きたあかりのおいしい食べ方!特徴的にはポテトサラダがおすすめ

広告

きたあかりのおいしい食べ方!つぶして食べるのがベスト

このあいだスーパーに行ったら、【きたあかり】という品種のじゃがいもが置いていたんです。
普通の男爵いもなんかと値段も変わらないのでお試しに買って帰ってみたんです。

いざどうやって食べようかなーと思ったときに、
「お腹いっぱいマッシュポテト(ポテトサラダ)が食べたい!」と思ってサクッと作ってみたんです。

ちなみに調理工程としては、洗って、皮を剥いて、マッシュするので小さく切って、レンジでチンするだけです。
ある程度細かくすると、熱が通りやすいのでおすすめです。

そして熱いうちに、マッシャー(セリア)でつぶして調味料を混ぜ込むだけです。
マヨネーズとあらびき黒こしょうだけでめちゃんこおいしいのでお試しください。

これくらいなら、普段料理しない方でもすぐにできると思うので、お腹いっぱいポテトサラダが食べたいと思ったときにはおすすめします。

まあそんな特殊な機会はなかなかないと思いますが。。。

 

 

広告

じゃがいもの特徴!大きく分けて2種類

そもそもじゃがいもには大きく分けて、2種類あるって知っていましたか?
私は昔友達(農家)にそんな話を聞いた記憶がありました。

その時彼は、【インカのめざめ】に関する話を熱く語っていたように思います。
と話が脱線しましたが、じゃがいもには特徴別に2種類に大別できるそうです。

それが、下記の二種類です。

粉質系

文字通りホクホクと粉っぽい感じのお芋さんですね。
代表的なのは男爵いもです。

粉吹き芋やふかし芋が美味しい品種になります。

粘質系

煮崩れしづらいので煮込み料理に向いています。
代表的なのはメークインです。

カレーなど煮物に向いています。

※万能型の中間に位置する品種もあります。
何に使っても美味しいとか反則ですよね。得てしてそういった品種は収穫量が取れなかったりしてちょっとお高かったりしますね。

詳しいじゃがいもの品種が知りたい方はこちら

バローナビ
https://hcvalor-navi.com/gardening/konsai/potato/potato-osusume

 

スーパーで手に入りづらいレア品種も通販で簡単ゲット

男爵いも、メークイン、きたあかりなどはメジャーなので入手は容易です。
しかし、それこそ【インカのめざめ】などは名前は有名ですが、スーパーでは見かけませんよね。

そこでおすすめなのが通販での購入です。
ただ、少量での注文は難しいので、しばらくじゃがいもばっかりになるのを覚悟しなくてはいけませんね。
個人的には【栗じゃがいも】と呼ばれる【インカのめざめ】は食べてみたいですね。

 

広告

まとめ

きたあかりの美味しい食べ方はマッシュポテトなど潰して食べるのがおすすめ!
特徴は粉質系でホクホク系で男爵いもよりも香りが強い煮崩れしやすいので、レンジ調理がおすすめです。

きたあかりをガッツリ買うなら通販サイトで買うのもいいかも?
買い物で一杯買うと大変ですが、通販なら家まで届けてくれますから安心です。

広告

 

良かったらシェアしてくださいね!

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。